HOME >  インプラント手術の種類 >  抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

今までのインプラントに対して患者さんの負担が少ない、抜歯即時インプラントの特色を調査しました。

抜歯即時インプラントの流れ

この手術法は、その名の通り、抜歯のあとすぐにインプラント埋入手術を行う方法です。

すでに歯を失ってしまっている場合にはできませんが、虫歯や歯周病、根の病気といった原因で歯を抜く場合、抜いた場所にすぐにインプラントを埋め込むことが可能です。

この方法は数年前までは難しい治療法だったそうですが、インプラントの世界は日進月歩。現在では梅田の北大阪インプラントセンター梅田院をはじめ、様々な医院で抜歯即時インプラントを行なうようになりました。

抜歯した歯根の周囲はいったん骨が少なくなりますが、インプラント体をすぐに埋めることで、そのまわりに骨が生成されます。こうして3ヶ月ほどでインプラントが安定するようになります。

その後、被せ物を装着して出来上がりです。

手術が1回減るため、患者さんの負担が大幅に減るのが特徴です。

抜歯即時インプラントのメリット

■手術回数や治療期間を削減できる。

従来のインプラントでは、1、抜歯→2、インプラントの埋入手術→3、かぶせ物の装着、の計三回の手術が必要でした。しかし、抜歯即時インプラントではIとIIを同時に行うので、手術の回数を1回減らすことができます。

また、抜歯時の傷口がふさがるのには時間がかかるので、普通インプラントの場合は抜歯してから手術を行うまでかなり待たなくてはなりません。治療期間が長くなれば肉体的にも精神的にも負担がかかります。

その点、抜歯即時インプラントなら、この期間がなくなるので、治療期間が大幅に短くなります。

■抜歯直後は傷口や骨の回復が早い。

抜歯を行なうと、その直後は体が回復しようとするスピードが速いので、傷口がふさがろうとする力も強くなります。また、抜歯で失った骨も回復しようとします。

抜歯したあと長く放置していると、歯ぐきの骨は逆に減ってしまうのです。こうなるとインプラント埋入には不都合。

抜歯後すぐにインプラントを入れてしまえば、傷口の治りも早く、骨がどんどん回復するのでインプラントが早く結合します。

■インプラント埋入時に歯ぐきを切る必要がない。

従来のインプラント手術や、もともと歯がない部分にインプラントを埋入する場合、歯ぐきを切ったり、めくったりしなくてはなりません。もちろん出血を伴いますので、患者さんにとっては大きな負担です。

抜歯直後ならば、すでに歯ぐきがめくれている状態なので、新たに傷つけることなくインプラント体を入れることができます。

メリットの多い抜歯即時インプラントですが、まれに適応できない症例があるので、担当医とよく相談の上治療方法を決めてください。