HOME >  インプラント治療の疑問を解消 >  医療費控除は受けられるか

医療費控除は受けられるか

現在、インプラント治療は自由診療のため保険適用外となり、治療費は患者の全額自己負担になってしまいます。

しかし、インプラント治療は「医療費控除」という制度の対象で、これを利用することにより、お得にインプラント治療を受けることができます。この制度の存在を知らない方は、何十万円も損をしてしまうことになるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

医療費控除のしくみ

医療費控除とは、「年間10万円以上の医療費の支払いがあった場合、一定の金額が返還される」という制度です。正確には、支払った医療費が返ってくるわけではなく「所得金額から医療費が控除される」というシステム。この控除により、所得税が減額され、払い過ぎた税金が還付されるのです。

例えば、年収500万円の人がインプラント手術に100万円支払った場合は20万円が還付されます。翌年に支払う住民税からは10万円減額されることになるので、実質的には総額30万円もの還付を受けるのと同じことになります。これは大きいですよね。

医療費控除の計算式

控除額を算出するには、以下の式を参考にしてください。

●医療費控除額(課税対象の所得から控除される金額)
1年間の医療費-保険金受給額-10万円=医療費控除額(上限200万円)

●所得税の還付金(納付済み税金の一部が戻ってくる)
医療費控除額×所得税率=還付金額

●住民税の減額金(翌年の住民税から差し引かれる)
医療費控除額×住民税率=減額金額

医療費控除の申告方法

さて、ここまでで医療費控除のシステムはだいたいわかっていただけたかと思います。次は、いよいよ申請の仕方です!

「なんかややこしくて難しそう…」と感じる方もいるかもしれませんが、医療費控除の申告は簡単!以下の書類を準備して管轄の税務署へ行き、申告書に必要事項を記入して窓口に提出するだけでOKです。後日、指定口座に還付金が振り込まれます。

◆医療費控除に必要なものリスト

  • 治療費の領収書(通院のための交通費の合計もメモしておく!)
  • 源泉徴収票(給与所得者の場合)
  • 金融機関の口座番号
  • 印鑑

会社員や主婦の方など、確定申告に慣れておらず面倒に感じる方もいるかもしれませんが、この「医療費控除」を利用するかしないかで大きな金額の差が生じますので、ぜひ利用しましょう!