HOME >  インプラント治療の疑問を解消 >  アフターケアについて

アフターケアについて

インプラントにはメンテナンスが要ります。手術が終わればそれで治療終了、というものではありません。

インプラントにはメンテナンスが必要

インプラントは、人体にとっては異物。周辺組織の免疫力はどうしても下がってしまいます。

そのため、もしそこが歯周病菌に侵されてしまうと、天然歯の場合よりも重症化する可能性が高くなってしまうのです。

これを防ぐためにも、日々正しい歯磨きを心がけ、プラークコントロールを怠らないようにしなければなりません。インプラントと長く付き合うために何より大切なことは、毎日のブラッシングです。

とはいえ、毎日正しいブラッシングをしていても、磨き残しは必ずあります。定期的に検診を受け、周辺組織に炎症はないか、上部構造が緩んでいないか、など、細かな点をチェックしてもらうようにしましょう。

メンテナンスの頻度

メンテナンスの頻度は、かかる歯科医院によって多少異なります。そこで、当サイトで取り上げた大阪の各クリニックを例に、一般的な期間をみてみましょう。

多くのクリニックでは、手術後最初の1年間は3~4ヶ月に1度、2年以降は、1年間に最低1度はメンテナンスを受けるよう推奨しています。

とくに、きちんと噛めるようになってからの1年以内はもっとも問題を起こしやすい時期。面倒がらずにきちんと通院し、噛み合せ異常や清掃状態の確認をしてもらうようにしましょう。

また、クリニックの方針だけでなく、日ごろのブラッシングによっても、メンテナンスの頻度は変わってきます。

せっかく安くはない費用をかけたのですから、正しいブラッシングを身につけ、歯周病や虫歯の予防に努めることが重要です。